スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100ミリシーベルトで受動喫煙並み

  空気のいいハワイとは関係ないんですが、日本も大丈夫です。

 先日日経新聞の一面に安心させられる記事が載ってました。

 今、私を含めみなさんが気になっているミリシーベルトの話しですが、

 4月25日付けの社会の一面を、殆どそのまま書きます。


 
 100ミリシーベルトで受動喫煙なみ!

放射線を健康に影響が出るとされる100ミリシーベルト程度浴びた場合でも、

癌の発生するリスクは受動喫煙や野菜不足なみにとどまる事が国立がん研究センターの調べでわかった。

肥満や大量の飲酒、喫煙に比べると低い。

広島、長崎の原子爆弾で被爆した人のうち約4万4千人がその後どの程度の割合で癌を発症したかを、

長期に渡って追跡調査した放射線影響研究所などの論文と、

国立癌センターなどが実施してきた生活習慣による癌発生リスクを比較検討した。

原爆で100~200ミリシーベルトの放射能を浴びた人は浴びてない人に比べ、

癌になるリスクが1.08倍だった

生活習慣によるリスクと比較すると1日1箱タバコを吸う夫を持つ妻が受動喫煙で癌になるリスク(1.03倍)

や野菜嫌いの人のリスク(1.06倍)よりもわずかに高い程度だった。

肥満や運動不足、塩分の取り過ぎなどで癌を発症するリスクは1,2倍程度で、

放射線を100~200ミリシーベルト浴びた場合よりも高い!

一方男性の喫煙者はタバコを吸わない人よりも1.6倍癌になりやすい。

放射線の被爆量で見ると200ミリシーベルト以上浴びた場合のリスクとほぼ同じ。

癌は様々な要因が複数に絡みあって発症する。

放射線リスクだけを気にし過ぎないようにしてほしい。




 どうですか??

 マイクロシーベルトはミリシーベルトよりずっと小さい単位です。 

 現在

 東京では 0.07マイクロシーベルト

 大阪   0.043マイクロシーベルト

 沖縄   0.021マイクロシーベルト

 北海道  0・03マイクロシーベルト

 仙台   0.07マイクロシーベルト


 です。 殆ど事故が起きる前と変わりません。

   ニュースで以前に「8217マイクロシーベルト(μSv)」「1941マイクロシーベルト」などと聞くととてつもなく大きな数のような気がするかもしれませんが、「マイクロ」というのは「ミリ」のさらに1000分の1。1マイクロシーベルトは1シーベルトの100万分の1です。200万マイクロシーベルトで5%致死線量なので、2000マイクロシーベルトでも5%致死線量の1000分の1です。


現在は0・00□マイクロシーベルトの数字です。 

 少しは安心しましたでしょうか。

 ご心配されている方に、ついお伝えしたくて、長々と書いてしまいました。



PS. 福島の立ち入り禁止地区は590マイクロシーベルトある所もあるようです。
    被災された方の安全と、被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

 

スポンサーサイト

東北地方太平洋沖地震



この度の東北地方太平洋沖地震に被災されました皆様、

ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

これからの皆様の安全と被災地の一日も早い復興を、

心よりお祈り申し上げます。



       ハワイコンドミニアム.com








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。