スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人観光客が第1位!!

表彰台



ネットを見ていたら

ある海外で大手の旅行会社が経営するホテルの、

ヨーロッパ11カ国の15000人以上のホテルマネージャーを対象に実施した、

観光客の国別の順位がのっていた。

ちょっとおもしろいのでお伝えしたい。

礼儀、クレーム、性格、態度、気前の良さ、部屋の使い方、

など、10項目のカテゴリーを用意してそれぞれ、

良、普通、悪、など点数をつけたところ、

総合評価で日本人が1位だったという。

日本人は「行儀がいい。」「礼儀正しい。」「物静かでつつましい」

「クレーム、不平が少ない。」ですべて1位だったとのこと。

実際、本当にうなずける。

私もお客様の退室後に故障チェックに入ったことが何回かあったが、

部屋の清掃が終わった部屋だと勘違いした事があったくらい

綺麗にされている事が何度もあった。

2位はアメリカ人  礼儀は正しいが不平が多いらしい。
          またチップの額は最高らしい。

3位 スイス人   物静かで慎ましく部屋も綺麗に使うらしい。

4位 スエーデン  

5位 ドイツ人   行儀がよく、部屋も綺麗に使うがクレーム不平が多いらしい。

6位 オランダ  7位 オーストラリア  8位 ノルウエー

9位 カナダ  10位 ベルギー     11位 デンマーク

12位 オーストリア 13位 フィンランド 14位 タイ

15位 ニュージーランド 16位 アイルランド 17位 チェコ

18位 ポルトガル 

19位 イタリア人 騒々しいで下位。しかしおしゃれ度はナンバー1とのこと。
    うなずける。

20位 ギリシャ  21位 スペイン  22位 ポーランド

23位 トルコ 

24位 イギリス 行儀はいいが部屋を汚すと書いてあった。


25位 ロシア

26位 中国 部屋を汚す、行儀が悪い などとの事。

27位 インド

28位 フランス 無礼と書いてあった。


1位の日本は

マナーやエチケットをよく守り礼儀正しくホテルで大騒ぎをしない。

部屋を綺麗に使いクレームも言わないらしい。

また、地元の料理などにも興味を持ち、積極的に食したり、

お金の使いかたの気前のよさも高得点だったようだ。

しかし、チップの金額は以外にも低く、地元の言葉も積極的に使わないらしい。

なぜか、イメージとは違う最下位のフランス人は、

態度が大きくフランス語が一番と考えているため、地元の言葉も話そうとしないらしい。

フランス語で全て理解しろという姿勢との事。



まあ、日本人が1位というのは大変嬉しく、

つい皆さんにお伝えしたく思い、筆をとりました。





 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。